お肌に必要な事って何だろう?

ビル

最新技術と自然との調和

そう、お肌に必要な事といえば、正しい洗顔が大事。 そしてそれからですね。 肌に必要な水分油分の補給。 洗顔をしたらなるべく早く、1分でも1秒でも早く肌に何か付けてあげましょう。 洗顔した後は肌が潤っていると錯覚しますが、時間をおくと角質層の水分はどんどん減少していきます。 ですから肌が潤っているうちに、少しでも早く肌に水分を与える化粧水が必要なんですよ。 そして、お肌にタップリを水分のを入れてあげたところで それを逃がさないための、お肌のベールの役目をする油分の補給が重要です。 まあ、本来は洗顔+水分補給+油分補給 のスリーステップが基本ですね。 後は個人個人のお肌のトラブルによって、プラスするものが変わってきますね。 それから余裕のある人は、お肌の運動でもあるマッサージなども 大変効果的です。

自宅でもマッサージはできるんです

ビル

お店でやってもらうエステのようなマッサージはなかなか自分では出来ませんが、簡単な方法もあります。 まず手のひらを握ってグーの形にしたものを、頬骨の下に当てます。 ちょうど頬杖を付くって感じですね。 そのグーで頬骨の下から上に向けて押し上げてみて下さい。 かなりの方が少し痛い感じがすると思います。 これはお顔が凝っている証拠です。 かわるがわる位置を少しづつ変えながら、頬全体を押してあげて下さい。 これも立派なお肌のマッサージになるんです。 ちょっとした空き時間や、気分転換にもなりますから 是非お試しを。

相互リンク:来年のクレンジングランキングの本物がわかる

オンライン英会話

・新車に乗りたい!でもお金が。。でも大丈夫!車を買取ってもらって次のステップへ♪

・キャッシングのおすすめ業者はここでチェック!お金に困っているならいますぐアクセスして悩みを解消しましょう!


◆シミが出来てしまった時のお肌のお手入れの仕方◆

女性はいつまでも若々しくいたいと思っている人たちばかりです。そして若く見られるために1番大切なのは顔です。顔の肌をキレイに保つことで若く見られます。そこで、顔の悩みの中で特に悩みの多いシミを改善する手入れを紹介します。
シミは放っておくと見た目年齢10歳プラスに見えてしまいます。老け顔の原因の1つなので、少しでも減らす事が大切です。また何のシミ対策もせずにほかっておくと、出来てしまったシミはどんどん色が濃くなり、範囲が広がっていき、さらには新しいシミが出来るという悪循環になってしまいますので、かならず対処することが大切です。
また、シミといっても肝斑、老人性色素斑、炎症後の色素沈着など様々な種類があるので、自分がどんな種類のシミなのかをまずは確認する必要があります。シミが出来る原因は紫外線から皮膚を守るために作り出されたメラニン色素の代謝が衰え、皮膚に色素が沈着してしまうことで出来てしまうものです。1番大切な対策は日頃から日焼け止めを塗る、ビタミン等を豊富に摂る、美白化粧水を使うなどのセルフケアを季節や天候にかかわらずすることです。

シミの種類別お手入れ法は、老人性色素斑は紫外線が原因で出来てしまうシミの事で女性が抱えているシミはたいていはこのシミです。対処法は出来はじめの薄い茶色のものであれば美白化粧品で効果がありますが、濃くなってきたら化粧品では対処出来ないので、レーザー治療が必要になってきます。炎症性色素沈着はニキビ跡や古い傷などが茶色いシミとなって残ってしまったものです。
対策は、美白化粧品で改善することができます。また、ビタミンC誘導体が含まれた化粧品やピーリングでお肌のターンオーバーを促進させてあげると効果的です。
次に肝斑ですが、肝斑は女性ホルモンのバランスが乱れた時に目の下が茶色や灰色にくすんだようになってしまうことで、更年期の人によく見られるタイプです。対処法は、美白化粧水を使用すれば改善でき、ピーリングやトラネキサム酸という内服薬を併用するとより効果が現れるので、オススメです。また、漢方でも効果があるので漢方を飲むという方法もあります。

シミは一度出来ると消えるまでにかなり時間がかかり大変やっかいです。女性は加齢や出産などで、シミは増えます。シミを出来るだけ増やさないようにするには、普段から紫外線対策を行ったり、美白化粧水でお手入れをすることが大切です。毎日お手入れが必要で面倒かもしれませんが、5年後10年後確実に効果があらわれてくるので、しっかりケアすることが大切です。


◆そのお肌のお手入れで本当に良いのですか?◆

帰宅後のメイクオフは早めにしたいけど、疲れている時には顔を洗う事すら面倒に思えてしまいますよね。

近年流行のミネラルファンデは、肌に優しいファンデーションだから、つけたまま寝てしまっても大丈夫なんて思っていませんか? ミネラルファンデによく使われる成分は、酸化チタン、酸化亜鉛、酸化鉄、マイカ、シリカ、オキシ塩化ビスマスなどが挙げられますが、この中で気になる成分は酸化チタンと酸化亜鉛、オキシ塩化ビスマスです。

酸化チタンも酸化亜鉛も、紫外線を反射させてお肌へのダメージを軽減する作用があり、特に酸化チタンは光を乱反射させる力が強く、凹凸の目立たない滑らかな肌に見せるのに有効な成分ですが、実はどちらも肌を酸化させてしまう性質を持っています。

特にその毒性が強いものは、ナノ化されたものにまります。 最近のミネラルファンデは毛穴カバーや白浮き防止の為に、ほとんどがナノ化されていますよね。 肌が酸化するという事は、シミやシワ、くすみやたるみが起こりやすくなるという事です。 オキシ塩化ビスマスは鉱物由来の無機成分で、天然の鉱物ではありません。 敏感肌の方や紫外線やストレスで肌にダメージがあると、赤味や肌刺激を起こすことのある成分です。 ミネラルファンデを使っているからといって、本当につけたまま寝てしまわずに、出来るだけ早くメイクオフをするようにしましょう。

わざわざ洗面所まで行くのが面倒だからなんて言って、シートタイプのクレンジングを愛用していませんか? メイクを落とすのですから、当然洗浄成分が含まれています。 水で洗い流さないという事は、当然お肌にその洗浄成分が残ってしまうという事ですよね。 また、拭き取ってメイクを落とす訳ですから、摩擦によって肌に刺激を与えてしまう事にもなります。 拭き取りタイプのクレンジングは便利ではあるのですが、どうしても通常の洗顔が出来ない時にだけ使う程度に留めましょう。

洗顔後の保湿は非常に大切です。 ライン使いだとケアし終わるまでに時間が掛かる上に、何度も肌に触れるので、肌刺激になって良くないという説もありますが、かと言ってオールインワンが良いとも言い切れません。

短時間で一度のステップでケアが終わるオールインワンは、洗顔直後の乾燥からお肌を守るのには非常に適したアイテムですが、潤いを閉じ込めるための成分が浸透を妨げてしまったり、保湿力の高いものはベタ付きが出てしまうので、いつのまにか薄付けになってしまったりしますよね。 オールインワンを使っているからと言ってそれだけで済ませてしまわずに、皮膚が薄く、動きも激しく、ダメージを受けやすい目元や口元には、美容液やクリームも使って、しっかりとケアするようにしましょう。

まだ若いから大丈夫だと油断していると、5年後10年後に後悔することになるかも知れません。 毎日のお肌のお手入れは面倒ですが、将来後悔をしない為にも、適切なケアを心掛けたいものですね。


◆正しい洗顔方法とは?◆

皆さんが毎日行う洗顔。ですが、正しい洗顔方法を知っていますか?
洗顔は肌の状態を左右するものです。つまり洗顔が正しく行えれば、あなたの肌をにきびも黒ずみもなく、きめの美しい肌にすることができます。 まず基本として、洗顔は「落とすケア」です。きちんと汗やチリを落とすのが第一の目的です。これがうまくいけば、肌のターンオーバーは正常に機能してくれます。
では、正しい洗顔方法を紹介します。

1、手洗い
まず手に付いている汚れを落とします。手には雑菌がいっぱい付着していますので、それを顔に移さないよう、綺麗にします。

2、ぬるま湯で顔を洗う
人の体温より少し低いくらいのぬるま湯で顔を洗います。これで肌の表面に付いてるチリを落とし、毛穴を開かせます。お湯の温度が高いと必要な皮脂まで落ちて乾燥の原因になります。

3、洗顔料を泡立てる
規定の量の洗顔料を手のひらに出し、少しずつ水を含ませながら、泡立てていきます。泡を押しつぶさず、手と手の間に空間をつくるようにして、クッションのような泡をつくります。

4、優しく洗顔
Tゾーンから泡を乗せていきます。真ん中から外側に向かって、泡をこすり付けるように洗っていきます。あまり長い間泡を乗せると、乾燥の原因になりますので、素早く丁寧に行います。

5、ぬるま湯ですすぐ
手でお湯をすくい、肌につけるようにしてすすいでいきます。決して手で肌をこすらないでください。洗顔の2倍、時間をかけるつもりですすいでいきます。

6、清潔なタオルで拭う
これもゴシゴシこすらず、タオルを当てて、水滴を取り除きます。

お肌は思った以上にデリケートなものなので、卵を扱うように優しく洗顔するのが重要です。


さて、次に間違った方法をご紹介します。

1、冷水やお湯で洗う
冷水で洗うと、不要な皮脂が落ちません。また毛穴が閉じると言われてますが、実際は一時的なものでむしろ赤ら顔の原因になりえます。 皮脂は邪魔者扱いされやすいですが、肌の健康を保つために必要なものです。お湯で洗ってしまうと、それが全部流れ出てしまいます。

2、ゴシゴシと洗っている・タオルでこする
汚れや黒ずみを落とそうと泡でゴシゴシ洗う人がいますが、これも乾燥の原因となります。また肌を傷つけますので、敏感肌になることもあります。特にタオルはゴシゴシしやすいので注意してください。

3、1日に3回以上洗顔する
にきびなどを早く治そうと、一日に何度も洗顔するのは、必要な角質や皮脂を落としてしまい、むしろ逆効果です。朝と晩の二回行えば十分です。

肌は思った以上に大切に扱わなければなりません。正しい洗顔方法を身につけて、あなたも美しい肌を手に入れましょう。