日差しの強い群馬と交通事故

2012-10-03

最近は、群馬も暑さなどで有名になりました。
それまでは日本のどこにあるのか認識されにくい県の一つとしても、
数えられるほどでしたから。
だからと言って喜ぶ気はありません。
暑さがきつい県であるということは、
それだけ健康にも良くない県であるということでもあります。
他にも日差しがあります。
さすような日差しは、肌にいいわけがなく、
常にケアを考えていなければいけないわけです。

 

まだ救いがあるとすれば、
群馬の人間は車の運転が当たり前だということがあるわけです。
公共交通機関があまりはってしなかったせいか、
群馬の車の普及率はとても高いものがあります。
みんな当然のように免許を持っており、車の台数もかなりあるわけです。
それだけに、群馬の交通事故に関してはとてもナーバスにもなります。
誰か知り合いではなかったのかということから始まり、
自己の内容を自分で考えたりもするわけです。
明日はわが身に起きることかもしれないという意識が、
常に存在しているからでもあるのです。

 

こういった考え方は、車の普及率が高い群馬ならではなのかもしれません。
事故を起こしてしまえば、健康云々を考えることもできなくなってしまいますからね。
他人事ではないのです。