群馬県での交通事故後‥・ストレスで肌がボロボロに

2012-10-24

若い頃にはさほど気にしていなかったお肌も、年を重ねるごとに気になり出してきます。

何気なく手で顔に触れると、予想以上にガサガサ。

「自分の肌ってこんな状態だったっけ」と思わず落ち込んでしまうことも出てきます。

 

「お肌の手入れをしているつもり」では意味がありません。

きちんとした方法を取らなければ、それは「お手入れ」とは言わないのです。

年齢、生活環境など、人によって肌の状態が全く違います。

 

 

乾燥肌、敏感肌、脂性肌など、それぞれ自分の肌にあった洗顔法を実践することが大切です。

さらに気を付けなければいけないのが「ストレス」です。

肌は一定の周期で再生するように出来ていますが、強いストレスを感じると周期が乱れ、

新しくて健康的な肌が生成されなくなってしまいます。

そのせいで、外からの刺激に弱く、ダメージを受けやすい肌になってしまうのです。

ストレスは免疫力や代謝が大きく低下させ、

老化の原因である活性酸素をどんどんと増やしていきます。

 

知人の方に、交通事故を群馬で起こしてしまったという女性の方がいました。

彼女の肌は、赤ちゃんの肌のように透明でモチモチして

誰からも羨ましがられたそうです。

しかし、彼女は強いストレスを受け、そのせいで不眠に。

気づけば、肌はボロボロ、ニキビだらけの顔になってしまったそうです。

 

何が起こるかわからない現在。

普通に過ごしていても、ストレスを受けることも多いですよね。

お肌の手入れも大切ですが、

日頃からストレスを溜めないように生活することも大切です。

また、どうしたらストレスを発散出来るのか知っておくのも大切ですね。