お手入れの基本

2012-12-05

お肌のお手入れに洗顔はとても大切です。

お肌の洗顔で大事なことは、

お肌をこすりすぎないことです。

洗顔料をしっかりと泡立て、

肌を優しく包み込むようにして洗うと

皮膚を傷つけません。

 

 

 

 

洗顔料の選び方は、皮膚に刺激がすくないマイルドなものか、

または汚れをさっぱりきれいにおとしてくれるものかで変わってきます。

皮膚に刺激が少ないのは弱酸性タイプの洗顔料ですが、

汚れ落ちはさっぱりタイプよりは劣ります。

また汚れをきれいさっぱり落としてくれるのは弱アルカリ性タイプの洗顔料ですが、

肌への刺激はマイルドなタイプのほうが少なくなります。

お肌が刺激に弱い方は弱酸性のものがよいでしょうし、

外出や運動、そして松山のデリヘル利用で、肌に汚れがつきやすいという方は

弱アルカリ性のものを選ぶのがよいでしょう。

洗顔料はドラッグストアなどの品ぞろえが多いところに行けば、

いろいろなタイプが販売されているので、購入にも困らないでしょう。

また洗顔後につける化粧水選びも大切です。

肌によって保湿力が高いもの、さっぱりしたものなど

肌に合ったタイプのものを選ぶことが大切です。

化粧水には毛穴を引き締めるタイプと、

保湿力を高めるタイプのものが多いようです。

毛穴のざらつきや汚れが気になる方は、

毛穴を引き締めるタイプのものを利用するのがよいでしょう。

また保湿力が高いものは、化粧水と共に美容液を使っているという方におススメです。

保湿力が高いものは美容液が浸透しやすくなるため、十分な効果が期待できます。