肌の良さにもつながるコレステロールを下げていることの必要性

2013-05-21

私たちはいろいろな食事をして生活していますが、その中でコレステロールや脂肪が体に蓄えられていってしまいます。

テレビなどでコレステロールを下げることを宣伝されていますが、コレステロール自体は悪いものではなく、体の筋肉を形成したり栄養吸収の補助をしてくれます。

しかし量が増えていくにつれて体に悪影響を及ぼします。

コレステロールの悪影響は主に血管を圧迫していってしまうことです。
血管が圧迫されると心臓や脳など体の重要な部分に対して血液を送ることができなくなる可能性があり場合によっては命の危険性がでてきます。

こうならないようにコレステロール値を下げていかなくてはなりません。
たとえば食生活を改善していくことです。肉などの食品にはコレステロールがたくさんはいっているので普段から食べ過ぎだと思う人はこれを減らしていくべきです。

また魚介類に含まれているタウリンという成分はコレステロールの消化を手助けしてくれるので、重点的に摂取すればコレステロールを下げるには効果があらわれるとおもいます。コレステロールは適量であれば自分の体の形成を手助けしてくれます。しかし大量摂取すれば害になります。これはコレステロールだけではなくほかの栄養分にもいえることです。普段の生活を見直して規則正しい生活を送っていきましょう。

お肌の日々のケアと同じようにコレステロールをため込まないように体をケアしていきましょう。