正しい洗顔って?

2012-05-13

お手入れってなかなか、自宅でするのは長続きしませんね。
まあ、お金に余裕のある方は、エステに行けば良いのでしょうが。
でも、美肌目指すならやっぱり自己管理が大切です。
これも、高い化粧品を使えれば一番いいのでしょうが(笑)
なかなかこれも長続きしないんですよね。
やっぱり主婦の方が何処を一番最初に削るかって言ったら
自分のお洒落代を、節約する方が一番多いみたいです。
そこで今日は、一番お手入れで大切な、洗顔について教えちゃいますね。
昔から、『美人は洗顔から』と、言う言葉もある位、洗顔命ですよ!

みなさま、メイクアップにはすっごく時間をかける方が多いのですが
洗顔はおろそか、お風呂のついでにそのまま、
クレンジングフォームで洗っちゃうなんて人が、きっと多いはずです。
でも、とにかくメイクと同じくらいの時間を、落とす方にもかけるべきなんです。
大げさでしょうが、実はそうなんですよ。
メイクしたなら必ず、お肌の上にファンデーションと皮脂、汗が混ざり
また空気中のほこり、花粉などが混ざった汚れがあります。
人間の体の中で、唯一ずっと外の晒されているのがお顔じゃないですか?
なのにきちんとした洗顔をしないなんて、逆に信じられません。

さあ、正しい洗顔方法です。
1、まず目元のお化粧をしていたら、専用のアイメイクアップクリーナーで、
優しくアイシャドウ、アイライナー、マスカラの汚れを落とします。

2、クレンジングクリーム、オイルなどで優しくマッサージするように
肌の汚れとなじませ、出来たらお肌に優しいティッシュなどで拭き取ります。
ここで、まだ肌の汚れがあるなら、もう一度同じことをします。

3、ある程度の汚れが取れたら、これから洗い流す洗顔をします。
ここからが大事です。洗顔料は必ずネットなどでよーく泡立てる事です。
よく皆さんが行っている洗顔は、自分の顔の上で泡だてているんですよね(笑)
これはお肌に良いことはありません。
泡立てネット、やスポンジは百均で売っていますから、必ず用意しましょう。
また、重要なポイントのもうひとつは、温度です。
かならずぬるま湯、30度位の温度で洗いましょう。
夏場暑い時ついつい冷たいお水使いたいしお風呂場でつい40度のまま洗っている方も、多いですよ。

4、そして必ず30回以上は洗い流して下さい。
髪の毛の生え際、耳の横、首の方まで洗い流しましょう。

5、最後にもっとも重要な一つ拭き取りです。
タオルですが、これ拭かないでくださいね。
ごしごし拭くなんてもってのほかです!!
押しあてるだけで十分ですから。そっと押して水分を吸収して下さいね。
これで、正しい洗顔の終了です。

難しいですか?
いえいえ、慣れたら簡単ですよ。
大切な美肌を作るためですから、必ず実践して下さい(^_-)-☆